チョコレートのお返しは○○が主流!ホワイトデーの実態調査(独身男性編)

記事をシェアする

突然ですがホワイトデーの市場規模はどれくらいあると思いますか?実は2014年度のバレンタインデーの市場規模が約1000億円だったのに対し、ホワイトデーは約730億円と、バレンタインデーとそれほど変わらないほどの規模があるのです。

ホワイトデーは女性からお菓子を貰った男性だけがその返礼をするという、食に関するイベントのなかでも少し珍しいものとなっていますが、ホワイトデーにお返しをする男性は一体どのような商品を購入しているのでしょうか?自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))を使って、独身男性、既婚男性それぞれを対象にアンケートを実施しました。

今回は独身男性の回答から分かった結果を、詳細なデータとともにお伝えします。

 

独身男性の8割以上が「義理」でお菓子を返している!

Q1.あなたは本命にお菓子を渡すのですか、それとも義理で渡すのですか? ※両方渡す場合は本命を選択してください n=118(単数回答)

1位 義理 97人
2位 本命 21人

 

ホワイトデーにお菓子を渡す相手については、8割以上の方が「義理でお菓子を渡す」と回答しました。ホワイトデーはバレンタインデーにお菓子を貰った男性だけが行動を起こすイベントであるため、義理で渡す人が多いのは当然だといえるでしょう。

しかし裏を返せば、約2割の男性が本命の女性にお菓子を貰ってそのお返しをしていることになります。「本命」と答えた方にとってホワイトデーは、好きな人にアピールする大チャンスの日でもあるのです。

 

「本命」に渡す人ほど高級なお菓子を購入する!

Q2.お菓子の値段を教えてください! n=118(単数回答)

~400円未満 74人
400円以上~800円未満 13人
800円以上~1200円未満 20人
1200円以上~1600円未満 4人
1600円以上~2000円未満 2人
2000円以上~2400円未満 0人
2400円以上~2800円未満 1人
2800円以上~3200円未満 1人
3200円以上~3600円未満 0人
3600円以上~4000円未満 1人
4400円以上~4800円未満 0人
4800円以上~5200円未満 2人
5200円以上~5600円未満 0人
5600円以上~6000円未満 0人
6000円以上~ 0人

 

ホワイトデー用に購入したお菓子の値段については、6割以上の独身男性が「400円未満」の安価なお菓子を購入したと回答しました。しかし、これをQ1で「本命」と回答した人と「義理」と回答した人に分けてみると、そのほとんど(74人中70人)が「義理で渡す」と回答した人で構成されているのです。購入したお菓子の平均金額は「本命に渡す」と回答した方のほうが高く、そのなかには最も高い「4800円以上~5200円未満」と回答した2名も含まれていました。

ホワイトデーに高級なお菓子を売るのであれば、ターゲットを「本命狙い」の男性に絞って販売したほうが良いかもしれませんね。

 

「チョコレートのお返しはチョコレート」がホワイトデーの主流!

Q3.お返しするお菓子は以下のうちどれですか? n=118(単数回答)

1位 チョコレート 54人
2位 その他 33人
3位 クッキー 14人
4位 ケーキ 5人
5位 マシュマロ 2人
5位 ドーナッツ 2人
5位 ワッフル 2人
5位 キャンディー 2人
5位 マドレーヌ 2人
6位 マカロン 1人
6位 キャラメル 1人
7位 ブラウニー 0人
7位 マフィン 0人

 

ホワイトデーにお返しするお菓子の種類については、半数の方が「チョコレート」と回答しました。ひと昔前までホワイトデーでお返しするお菓子はキャンディーが主流でしたが、本調査でキャンディーを渡すと答えた方はわずか2人しかいませんでした。

ちなみに「その他」と回答した方が購入した商品のほとんどは市販のお菓子で、そのなかにはチップス系のお菓子やせんべい、ポップコーンといった「甘くないお菓子」も含まれていました。

 

回答者の方たちに、実際に購入したお菓子の写真を撮影してもらいました!

一口にチョコレートと言っても、コンビニ・スーパーで買える安価なものからブランドものまでさまざまです。

チョコレート以外のお菓子にはこのようなものが。

なかには「甘くないお菓子」を購入した方も。

 

購入の仕方は「自分主体」と「相手主体」の2種類に分かれる!

最後にアンケートに回答頂いた独身男性の方たちに、購入したお菓子を選んだ理由について訊いてみました!

可愛いから!
美味しそうだから
自分で作りたかったから
自分が大好きだから
値段が手頃だったから
定番でとてもおいしい。気軽にプレゼントできる。
頂いたチョコに対して、サイズ(個数)・価格がちょうど良かったから。
封が可愛いと思ったから
私が食べて美味しかったから、渡す相手にもおいしさを分けようと思ったからです。安いからと言ってバカには出来ません。
ホワイトデー仕様の形だったので。
適当な価格で4の倍数個入っていたから
受け取る方が好きな為
ラングドシャが欲しいと言われたので
相手がチョコレート好きだから
その人がレーズンのクッキーが大好きだから。
気を使わせない商品だと思ったから。
彼女が日頃から好き好んで食べているから
どら焼きが好きな人だから
あげる人が好きでしょっちゅう食べてるから
いただいたものもGODIVAだったから

 

このように選んだ理由は人それぞれですが、上記の回答は大きく「自分が買いたいものを買った」グループと「相手が好き(そう)なものを買った」グループの2つに分けられます。いずれにしても普段から親しまれている定番のお菓子が購入されることが多いようなので、仮にホワイトデー用の新商品を発売したとしても高い効果は望めないかもしれません。

「ホワイトデーにお菓子を買うのは男性である」という大前提を踏まえた上で、どのような商品が売れそうなのか考えてみるようにしてみましょう。

詳細なデータを見たい方は下記からダウンロードを!

下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:3月12日(日)~3月13日(月)
・エリア :全国
・対象者 :20~50歳代の独身男性
・有効回答サンプル数:118サンプル
・調査手法:自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。