人気で従来品を超えられるか!?湖池屋「ムー超」の反響調査

記事をシェアする

ムー超2017年9月25日、株式会社湖池屋は同社のロングセラーブランド「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」の新商品である「ムー超」を販売開始しました。「ムー超」は「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」独自の辛味や酸味をこだわりの素材を掛け合わせることによって「うま味」へと昇華させた、「リッチ感」が感じられるスナック菓子となっているそうなのですが、果たして消費者にはどのように受け入れられたのでしょうか?

そこで今回はCODE(コード)を活用したバーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)を使って、「ムー超」の購入者を対象に反響調査を実施しました。今回もここでしか見られない情報が満載となっていますので、業界関係者の方はぜひ最後まで目を通してみてください。

 

より人気だったのは「カラムー超」!

Q1. あなたはどの「ムー超」を購入しましたか? n=120(単一回答)

カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て 52人 43.3%
両方購入した 38人 31.7%
すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ 30人 25.0%

現在「ムー超」には「カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て」(以降「カラムー超」)「すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ」(以降「すっぱムー超」)の2種類が発売されているのですが、どちらの「ムー超」を購入したかについては「カラムー超」が4割を超えて最も多くなりました。しかもこの質問には「両方購入した」という選択肢もあるため、そちらと合わせると全体の実に75%の方が「カラムー超」を購入したことになります。「すっぱムー超」のみを購入した人数は「両方購入した」と回答した人数よりも少なかったため、両者の人気度にはだいぶ差があるようでした。

ちなみに今回の調査では「ムー超」が発売された9月25日から購入者に対してアンケートが発動するように設定したのですが、それからわずか5日後の9月30日には確実に、かつ自然に購入した120人もの方が回答をしてくれていました。このようにCODE(コード)では「ムー超」のような一般消費者からの注目度が高い新商品にもなると、短い期間でたくさんのデータを集めることができるのです。

 

スナック菓子は味で「リッチ感」を感じさせるのが難しい!?

Q2. パッケージから、「リッチ感」はどれほど感じられましたか? n=120(単一回答)

とても感じられた 51人 42.5%
まあまあ感じられた 53人 44.2%
なんともいえない 15人 12.5%
あまり感じられなかった 1人 0.8%
まったく感じられなかった 0人 0.0%

パッケージから「リッチ感」がどれくらい感じられたかについては、「まあまあ感じられた」が4割を超えて最も多くなりました。「とても感じられた」と回答した51人中43人が「カラムー超」を購入しており、また「なんともいえない」「あまり感じられなかった」と回答した計16人中13人が「すっぱムー超」を購入していたため、パッケージに関しては「カラムー超」のほうが「リッチ感」が感じられたようです。

では、肝心の味のほうではどうだったのでしょうか?

 

Q3. 実際に食べてみて、味に「リッチ感」はどれほど感じられましたか? n=120(単一回答)

とても感じられた 23人 19.2%
まあまあ感じられた 81人 67.5%
なんともいえない 15人 12.5%
あまり感じられなかった 1人 0.8%
まったく感じられなかった 0人 0.0%

味に「リッチ感」がどれくらい感じられたかについても、「まあまあ感じられた」が7割近くを占めて最も多くなりました。味の「リッチ感」についても結果の内容はほとんど同じで、「とても感じられた」と回答した23人中18人が「カラムー超」の購入者、「なんともいえない」「あまり感じられなかった」と回答した計16人中13人が「すっぱムー超」の購入者だったため、味についても「カラムー超」のほうが「リッチ感」が感じられたようです。

またQ2とQ3の結果を比較してみると、パッケージで「リッチ感」が「とても感じられた」方が51人だったのに対し、味で「リッチ感」が「とても感じられた」方が半数以下の23人しかいなかったことが分かります。どうやらスナック菓子の味で消費者に「リッチ感」を伝えるのは難しいことのようですね。

 

従来品よりもリッチバージョンのほうが人気!?

Q5. 従来の商品と比べて、リッチバージョンはどれくらい気に入りましたか? n=120(単一回答)

従来のものと同じくらい好き 67人 55.8%
リッチバージョンのほうが好き 24人 20.0%
従来のもののほうが好き 19人 15.8%
従来のものと同じくらい好きではない 6人 5.0%
従来のものは知らないが、リッチバージョンは好き 2人 1.7%
従来のものは知らないが、リッチバージョンは好きではない 2人 1.7%

従来の「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」と比べて「ムー超」がどれくらい気に入ったかについては、「従来のものと同じくらい好き」が半数を超えて最も多くなりました。ただし「リッチバージョンのほうが好き」と回答した方が24人だったのに対し、「従来のもののほうが好き」と回答した方は19人とやや少なかったため、少なくともこの調査では慣れ親しんだ従来品よりもリッチバージョンのほうが人気だったようです。

今回のアンケートではこの質問の理由についても自由回答形式で訊いていますので、最後に各回答者のコメントの一部を選択肢別にご紹介します。

 

○従来のものと同じくらい好き

両方好みだから
どちらも美味しかった
湖池屋の商品は全て美味しいから。
どれも美味しいので順位は決められない。
それぞれに違う味がして、それぞれに良さがあるから。
従来のものと味はあまり変わらないように感じたから。
従来のも美味しいし、こちらはさらに味が濃くて美味しかったです。
美味しいけど、量が少ないから。
味はリッチ感があるが、値段が高いので。
従来のものも美味しくて好きですが、今回のものも濃厚で食べ応えがあり、気に入ったからです。
従来のものは、辛さがマイルドで、新しい方は濃厚で、どちらも良さがあるから。
ムー超はムー超で特別感あってよいけど、普通のも好きだし、どれもみな美味しいから。
従来のものは安定感があり、美味しいし、トリュフは新鮮でそれはそれで美味しいからです。
定番は食べなれた味で好きです。新商品は、リッチ感がプラスされて濃厚で、これはこれで好きです。
普通のすっぱムーチョも他のポテトチップスと違い独特の味が美味しく、リッチバージョンも他で食べられない味で美味しかったから。
濃い味と辛い味が好きなので基本的にどんなものでも普通のよりも超濃厚が好きです。が、ビーフがあまり好きではないので、場合によっては普通の方を選ぶことがありそうです。
従来のもの、今回のリッチバージョン、どちらも 美味しい! リッチバージョンは 確かに 高級感あって美味しいのですが、まだ新商品で どこででも 買える訳ではないので、どこででも買いやすい従来の 物も、やっぱり好きです。

 

○リッチバージョンのほうが好き

高級感があるから
特別感を味わえるから。
味わいが複雑でリッチな味わいだから。
フレイバーが従来のものに比べて濃厚な気がするから。
いつも食べてるものよりもリッチな味わいが感じられたから
じゃがいもの風味がよく感じることができたので
パッケージがおしゃれで味もより美味しく感じるからです。
従来のすっぱムーチョは、ただ酸っぱいだけに感じるから
うまみがガツンとくるように仕上がっていて、美味しかったから。
すっぱさの中にトリュフなどの良い香りがするのが気に入りました!
トリュフの味かどうかわかりませんが、味に深みがある気がします。
パッケージ、ネーミングがよい。 トリュフが香ってた。こんなの初めて。

 

○従来のもののほうが好き

スタンダードの方がおいしい。
やっぱりなんでも元祖が一番美味しい。
スティックタイプが好きだから
個人的には、カラムーチョ系はチップス型より昔からある棒状のタイプの方が好きです。
思ったより辛くなかったため
従来の方が値段が安く辛さも丁度いいので好きです。
ちょっと濃厚すぎる感じがしたので。普通のの方が軽く食べられる。
カラムーチョも好きですが、子 供が食べることができないので。
カラムーチョはちょっとジャンクな味の方が美味しいと思います。
従来のものの方の味に慣れてしまっているから。
普通のカラムーチョ、すっぱムーチョの方が馴染みがあって食べやすい
カラムー超は高級感もあるしおいしいけど、もっと辛い方が好きだから。 かといって辛いだけではないカラムーチョは、やっぱり完成された味だと思う。

 

○従来のものは知らないが、リッチバージョンは好き

とても美味しかったのでまた購入したいと思う
見た目がリッチで買いたくなりました。味もおいしかったです。

 

○従来のものは知らないが、リッチバージョンは好きではない

あまり好きな味がない

 

このようにCODE(コード)を活用したバーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)を使えば、新商品でも商品次第ではほんの数日間で確実に、かつ自然に購入した100人以上の方から意見を集めることも可能となっています。食品以外の商品の調査も随時実施していますので、興味を持たれた業界関係者の方はぜひお問い合わせください。

今回のその他の調査内容は以下になります。

Q4. 普段、このシリーズ(カラムーチョ、すっぱムーチョ)の商品をどれくらいの頻度で購入していますか?

上記の質問の回答や各回答の詳しい内訳などが見たい方は、ぜひ下記より詳細なデータをダウンロードしてみてください。


下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:2017年9月25日(月)~9月30日(土)
・エリア :全国
・対象者 :20~60代の男女
・有効回答サンプル数:120サンプル
・調査手法:バーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。