経口補水液を持参した人は○割!BBQの熱中症対策に関する調査

記事をシェアする

夏の外出時に気をつけたい熱中症ですが、特に注意が必要なシーンのひとつにバーベキュー(以下「BBQ」)があります。BBQでは直射日光にさらされることに加えて、アルコール飲料やジュースの飲みすぎによる脱水症状や、寝不足による体調不良などによって、より熱中症になりやすくなってしまうことが分かっています。

では、そんなBBQをする際に、一般消費者の方たちはどれくらい熱中症対策について意識をしているのでしょうか?またBBQの際に熱中症対策をしている人は、どのような持ち物を持参しているのでしょうか?今回は自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))を使って、今年BBQを楽しんだ方を対象にBBQの熱中症対策に関する調査を実施しました。

今回もここでしか見られない情報が満載となっていますので、業界関係者の方はぜひ最後まで目を通してみてください。

 

熱中症対策=水分補給のイメージが強い!?

Q.BBQの際の熱中症対策として、特に意識して行っていることを選択してください。 n=83(単一回答)

こまめな水分補給 67人 80.7%
塩分の摂取 6人 7.2%
体温の上昇を防ぐ 6人 7.2%
その他 4人 4.8%

BBQの際の熱中症対策として特に意識して行っていることについては、「こまめな水分補給」が約8割と最も多くなりました。その他の選択肢についてはいずれも回答率が1割にも満たなかったため、どうやら「熱中症対策=水分補給」というイメージが一般的にはあるようです。

今回のアンケートでは、回答者の方たちに熱中症対策の具体的な内容についても伺っています。「こまめな水分補給」と回答した方は何で水分補給をしたのか、「塩分の摂取」と回答した方は何で塩分を摂取したのか、「体温の上昇を防ぐ」と回答した方はどのようにして体温の上昇を防いだのか、「その他」と回答した方は具体的に何をしたのか。それぞれ集まったコメントの一部をご紹介します。

 

お茶や炭酸など(こまめな水分補給)
スポーツドリンク、甘いジュース(こまめな水分補給)
ポカリスエットで(こまめな水分補給)
ソルティライチ(こまめな水分補給)
アクエリアスなどを飲む(こまめな水分補給)
お茶とアイスで水分補給してました。(こまめな水分補給)
ミネラルウォーターやお茶をなるべく飲んだ。(こまめな水分補給)
汗をすごくかくので凍らせたスポーツドリンクを持参するようにしてます(こまめな水分補給)
経口補水液os1を飲みました(こまめな水分補給)
オーエスワンを買った(こまめな水分補給)
お酒だけでなくお茶やスポーツドリンクを合間でとるように心がけている。(こまめな水分補給)
お酒の飲み過ぎは脱水症状になりやすいので、スポーツドリンクや、スポーツドリンクを炭酸で割ったりしました(甘すぎるのとスカッとしたいので) (こまめな水分補給)
スポーツ飲料は水分補給には良いがそのまま飲むと糖分が高く体に吸収されにくいので水で薄めて飲むようにしています。(こまめな水分補給)
お茶だと飲まないし、雰囲気を大切にするために、ノンアルコールのビールやノンアルチューハイをキンキンに冷やして食べて飲む!(こまめな水分補給)

糖分の多い甘い飲み物や利尿作用のあるアルコール飲料・カフェイン飲料は飲み過ぎると逆効果になってしまうので、気を付けていただきたいところですね。

 

塩飴を嘗める。(塩分の摂取)
塩飴舐めたり、スポーツドリンク飲んだりします(塩分の摂取)
スポーツドリンク、塩飴など。 タープを張り日影を作る。 子供たちは、ビニールプールに入る。(塩分の摂取)
炭酸水にレモンを入れて飲みました。 後、首のうしろをタオルで包んだ保冷剤で冷やしました。(塩分の摂取)

塩分を摂取するために塩飴を用意していた方もいました。

 

日陰で過ごす(体温の上昇を防ぐ)
ジュースをひたすら飲みました(体温の上昇を防ぐ)
保冷剤を子供の体にくくりつけた(体温の上昇を防ぐ)
暑くなったら川に入りました! タープの下で、水分補給をしました!(体温の上昇を防ぐ)
海に入る(その他)
パラソルやタープの下に入り直射日光を避ける(その他)
私達は持ち物で対策ではなく今日みたいに早朝開始の暑くなったら退散し屋内ですずむなり遊ぶなりするようにしてます。(その他)
お肉を焼いて食べたり海産を焼いてタレをつけたり味の濃いものを食べるのが塩分補給になっています。体温上昇は冷たい飲み物を飲んだり川に入ったり、足を冷やします。(その他)

そのほか上記のような熱中症対策の方法も。みなさん色々と試行錯誤をしながら熱中症対策を実践しているようでした。

 

熱中対策水(経口補水液)を持参したのは約2割!

Q.熱中対策を意識して、BBQに持ってきたものであてはまるものすべて選択してください。 n=83(複数回答)

帽子 58人 69.9%
その他飲料 36人 43.4%
うちわ 33人 39.8%
アイシングバック・保冷剤 33人 39.8%
お酒 29人 34.9%
日傘 23人 27.7%
熱中対策水(経口補水液) 17人 20.5%
コールドスプレー 16人 19.3%
クールタオル 16人 19.3%
塩分の入った食べ物 15人 18.1%
塩分の入ったジュース 14人 16.9%
その他 13人 15.7%
氷菓子 11人 13.3%
ポータブル扇風機 1人 1.2%
熱中症モニター 0人 0.0%

熱中症対策を意識してBBQに持って行ったものについては、「帽子」が約7割と最も多くなりました。どれくらいの種類の持ち物を持って行ったかは人によって大きな差があり、「帽子のみ」「飲み物のみ」を持っていった方もいれば、上記のほとんどの品を持って行った方もいました。

また近年、テレビCMなどで認知度が高まっている「熱中対策水(経口補水液)」については、約2割の人が持って行ったと回答しました。「熱中対策水(経口補水液)」を持参したと回答した17人はいずれも他にも多くの品を用意して持って行っていたため、熱中症対策に対して高い意識を持っている人が多いといえるでしょう。

 

持っていかなくて後悔したもの

今回のBBQで持って行かなかったために後悔した持ち物についても訊いてみたところ、以下のようなコメントが集まりました。

熱さまシート
冷えピタ
アイスノン
冷感スプレー
アイソトニックドリンク
クールタオルやコールドスプレー
日焼け防止用グローブ
ラッシュガード
保冷剤、UVカットパーカー
コールドスプレーなど手軽に涼しくなれるものが欲しかった。
塩分の入った飲み物を持ってくれば良かったと思いました
持っていきたいものは飲み物が冷たいままキープできるタンブラー。すぐにぬるくなるため。
パラソル的なものがあるといいなと思いました。 また、ポカリやアクエリなども持って行こうと思いました。

 

「特にない」と回答した方が半数近くいた一方で、十分な熱中症対策をしたつもりが持ち物不足で後悔してしまったという方も多くいました。BBQの季節にはこれらの商品を店内の目立つところに置いておくと、店舗の売り上げアップに期待が持てるかもしれないですね。

 

今回のその他の調査内容は以下になります。

Q.熱中症対策を意識して、BBQに持ってきたものを映したもの(すべてでなくても構いません) ②BBQの様子がわかるもの ③人の顔が写っていないもの を満たす写真を撮影してください!

アンケート回答者の方たちが撮影したBBQの様子や各回答の詳しい内訳などが見たい方は、ぜひ下記よりダウンロードしてみてください。


下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:8月3日(木)~8月5日(土)
・エリア :全国
・対象者 :CODEユーザーの20~60代の男女
・有効回答サンプル数:83サンプル
・調査手法:自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。