○○のために高級なお菓子を購入する人も!ホワイトデーの実態調査(既婚男性編)

記事をシェアする

○○のために高級なお菓子を購入する人も!ホワイトデーの実態調査(既婚男性編)

前回の記事では独身男性を対象とした「ホワイトデーの実態調査」の結果について紹介しましたが、自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))では既婚男性にも同様のアンケートを実施しています。既婚男性はどのようなことを考えながら、バレンタインデーのお返しに渡すお菓子を選んでいるのでしょうか?

このページではホワイトデーにお菓子を購入した既婚男性の生の声を、独身男性の調査結果との比較を交えながらご紹介します。

 

約4割の既婚男性が妻にお菓子をプレゼントしている!

Q1.あなたは本命にお菓子を渡すのですか、それとも義理で渡すのですか? ※両方渡す場合は本命を選択してください n=126(単数回答)

1位 義理 77人
2位 本命 49人

ホワイトデーにお菓子を渡す相手については、独身男性では「義理」と答えた方が8割以上いたのに対し、既婚男性では約6割と少なくなりました。「結婚しているのに本命ってどういうこと!?」と思われたかもしれませんが、「本命」と答えた方はみなさん「妻にお菓子をあげた」とコメントしています。(なかには例外もいるかもしれませんが…)

ホワイトデーにお菓子を購入した既婚男性のなかには、バレンタインデーに妻からチョコレートを貰い、そのお返しにお菓子を購入した方も多くいるのです。

 

妻のために6000円以上のお菓子を購入した人も!

Q2.お菓子の値段を教えてください! n=126(単数回答)

~400円未満 40人
400円以上~800円未満 35人
800円以上~1200円未満 25人
1200円以上~1600円未満 14人
1600円以上~2000円未満 6人
2000円以上~2400円未満 3人
2400円以上~2800円未満 0人
2800円以上~3200円未満 1人
3200円以上~3600円未満 0人
3600円以上~4000円未満 0人
4400円以上~4800円未満 0人
4800円以上~5200円未満 0人
5200円以上~5600円未満 0人
5600円以上~6000円未満 0人
6000円以上~ 2人

ホワイトデー用に購入したお菓子の値段については、独身男性の半数以上(62.7%)「400円未満」の安価なお菓子を購入したのに対し、既婚男性では31.7%(40人)と比率に大きな差が出ました。また、これをQ1で「本命」と答えた方と「義理」と答えた方に分けてみると、「義理」と答えた方の最高購入額は「1600円以上~2000円未満」であり、それ以上の金額を購入したのはすべて「本命」と答えた方となりました。

これは「普段からお世話になっている妻へのプレゼントは、たとえお菓子でも安物にするわけにはいかない」という気持ちが、おそらく高価なお菓子を購入する動機に繋がっているのではないかと思われます。

 

既婚男性は「ブランドもの」のチョコを購入しやすい!?

Q3.お返しするお菓子は以下のうちどれですか? n=126(単数回答)

1位 チョコレート 61人
2位 その他 30人
3位 クッキー 14人
3位 ケーキ 14人
4位 ドーナッツ 3人
5位 ワッフル 2人
6位 キャンディー 1人
6位 マドレーヌ 1人
7位 マシュマロ 0人
7位 キャラメル 0人
7位 ブラウニー 0人
7位 マフィン 0人

ホワイトデーにお返しするお菓子の種類については独身男性の結果とほとんど差がなく、約半数の方が「チョコレート」と回答しました。ただ、妻に向けてプレゼントをする方が多いこともあり、独身男性に比べてブランドもののチョコレートを購入した方がやや多いようです。

ちなみに「その他」には、上記の選択肢にないお菓子が含まれているほか、なかには「レストランのディナー」をプレゼントした方もいました。

 

回答者の方たちに、実際に購入したお菓子の写真を撮影してもらいました!

「独身男性」に比べると、ブランドもののチョコレートを購入した方がやや多いよう。

チョコレート以外ではこのようなお菓子が。

Q3(お菓子の値段)で「6000円以上」と回答した方が購入したお菓子の写真。

左の写真はケーキとのことです。

 

妻から購入するお菓子を指定された方も!

最後にアンケートに回答頂いた既婚男性の方たちに、購入したお菓子を選んだ理由について訊いてみました!

美味しそうだった
高そうに見えるため
値段が手頃だったから
パッケージが綺麗だから
もらったものと同じ位のお返しです。
本命と勘違いされないため
小分けにして、ラッピングして渡せるから
自分が食べて美味しかったし、意外に高いので普段あまり買わないから良いかなぁ!って バレンタインにもらったお菓子のちょっとしたお返しに購入しました。
喜ぶと思ったから
送る相手の好みだから。
相手が好きと言っていたから。
渡す人からのリクエストだったため。
このチョコを指定されたから
コレがイイと言われたから
相手が欲しがったから
結婚して5周年記念だったから
妻に選んでもらった
奥さんがkrsipy Kreme めちや好きから。このシリーズ美味しそう!

 

上記のコメントは独身男性と同じように、やはり「自分が買いたいものを買った」というグループと「相手が好き(そう)なものを買った」というグループに大きく分けられます。また独身男性には無い点として、後者のグループのなかには、あらかじめお店に行く前から相手(妻)に購入するお菓子の種類を指定されていた方が多くいたよう。女性側から購入するお菓子を指定されている人は、そうでない人に比べて高級なお菓子を購入する可能性が高くなるのではないかと思われます。

前回の記事(独身男性編)をまだ読んでいないという方は、ぜひ本記事と読み比べながら新商品開発の参考にしてみてください。

 

詳細なデータを見たい方は下記からダウンロードを!

下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:3月12日(日)~3月13日(月)
・エリア :全国
・対象者 :20~50歳代の既婚男性
・有効回答サンプル数:126サンプル
・調査手法:自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。