○○円以上なら本命かも!?義理チョコと本命チョコの境界線2018

記事をシェアする

バレンタインデー用チョコレート今年(2018年)もバレンタインデーが終わりましたが、男性のみなさんのなかには貰ったチョコレートやプレゼントがどれくらいの値段で売られていたのか思わず調べてしまったという方も多いのではないでしょうか?「消費者インサイト研究所」では、今年もCODE(コード)を活用したバーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)を使って、女性がバレンタインデー用のチョコレートやプレゼントにかけた金額を調べるために、独身・既婚女性合わせて約1000人を対象に大規模な調査を実施しました。

チョコレートやプレゼントをくれた女性に自分がどう思われているのか知りたいという男性の方は、ぜひこのページで発表する調査結果を参考にしてみてください。

 

独身女性の義理チョコと本命チョコの金額の境界線

まずは独身女性が本命用、義理用それぞれのバレンタインチョコにかけた金額について見ていきましょう。

○独身女性が本命用のチョコレートにかけた金額(n=212)

○独身女性が義理用のチョコレートにかけた金額(n=244)

(グラフ内の数字は「人数」を表しています)

独身女性がバレンタインデー用に購入したチョコレートにかけた金額の平均額は、本命用が1434円、義理用が615円となりました。今回のアンケートで用意した選択肢のなかでは、本命用では「500円以上1000円未満」が、義理用では「500円未満」がそれぞれ最も多く、本命と義理ではチョコレートにかけた金額に大きな差があることが分かる結果となっています。

肝心の本命と義理の境界線についてですが、義理チョコに1000円以上をかけたと回答した方は義理チョコを購入した独身女性の約1割しかいなかったため、渡されたチョコレートが1000円以上するものであれば高い確率で本命であると考えていいのではないかと思います。

 

<こういうチョコレートを貰えたら本命かも!?>

 

既婚女性は夫に「高級なチョコレート」を渡している!?

続いては既婚女性が本命(夫)用、義理用それぞれのバレンタインチョコにかけた金額についても見てみましょう。

○既婚女性が本命(夫)用のチョコレートにかけた金額(n=285)

○既婚女性が義理用のチョコレートにかけた金額(n=274)

既婚女性がバレンタインデー用に購入したチョコレートにかけた金額の平均額は、本命(夫)用が1049円、義理用が563円となりました。各選択肢のなかでは独身女性と同じく、本命用では「500円以上1000円未満」が、義理用では「500円未満」がそれぞれ最も多く選択されていたため、既婚女性が自分の夫とその他の男性では渡すチョコレートの値段に差をつけてくれていることが分かる、男性には嬉しい結果となっています。

 

チョコ以外のものをプレゼントした人も!

今回のアンケートに協力してくれた独身・既婚女性にバレンタインデー用にチョコ以外のプレゼントを購入していないか質問をしてみたところ、独身女性では45人、既婚女性では61人がチョコ以外のプレゼントを渡したと回答しました。

具体的なプレゼントの内容としては、以下のようなものがありました。

○独身女性から本命の男性へのプレゼント

アクセサリー
財布です(^^)
身に付けるもの
高級感のある物
自分のお気に入りの服ブランドのロングTシャツ
キャップ
マフラー
欲しいと言ったもの
有名店の和菓子
チーズケーキ
クッキー
手料理 詳細未定
今回は、歯ブラシと歯磨き粉も付けて、下着と、入浴剤なんかもあげたりします。
手紙

 

○独身女性から義理の男性へのプレゼント

クッキー
おせんべい
お酒
手作りのエッグタルト
ハンドタオル
靴下

 

○既婚女性から夫へのプレゼント

洋服
ネクタイ
シャツ
キーケース
手作りケーキと、靴
クッキー
ビールやお酒
ワイン
夫の好きなキャラクターグッズ

 

○既婚女性から義理の男性へのプレゼント

手作りクッキー
あめ
せんべい
ビスケット
小さい甥っ子なのでゼリーやお菓子
日本酒
雑貨
サイフ
ハンカチ
タオルなど
義理の兄には 下着。

 

独身女性ではプレゼントでも本命と義理で大きな差がみられ、義理の男性へのプレゼントには食べ物が多かったのに対し、本命の男性へのプレゼントはアクセサリーや財布など、ある程度の予算が無いと購入できない商品の名前が多く挙がっていました。なかには本命の男性に食べ物をプレゼントしていた女性もいたようですが、渡された食べ物がある程度高級なものでなければ、それは義理用のプレゼントだったと考えたほうがいいでしょう。

既婚女性から夫へのプレゼントとしては、夫の好きなお酒やネクタイ・シャツなどが多かったようで、また義理用でも渡す相手が家族や親戚であることが多いからか、プレゼントの内容にあまり違いは見られませんでした。

バレンタインデーでチョコレート以外のプレゼントにかけた金額の平均額は、独身女性→本命が2315円、独身女性→義理が568円、既婚女性→夫が1273円、既婚女性→義理が857円となっています。

 

「消費者インサイト研究所」では、過去にもバレンタインデーの調査をしています。

あなたはどっちだった?義理チョコと本命チョコの境界線(2016年)

あなたはどっちだった?義理チョコと本命チョコにかける金額の境界線2017!

 

今回の調査結果の詳しい内訳などが見たい方は、ぜひ下記より詳細なデータをダウンロードしてみてください。

※各ユーザーの属性情報(婚姻状況、世帯人数、同居している子供の人数、購入チャネルなど)もローデータで確認できます。


下記ご記入いただくと、この調査の全データ(写真を除く)をすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:2018年2月10日(土)~2018年2月12日(月)
・エリア :全国
・対象者 :対象期間にチョコレートカテゴリの商品を購入した10代~70代の女性1,003名
・有効回答サンプル数:未婚女性350サンプル、既婚女性389サンプル
・調査手法:バーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。