人気アイスランキング2016春!意外な1位の裏には秘密が?

記事をシェアする


人気アイスランキング2016夏!1位は意外すぎるあの○○!梅雨が明ければ、夏はもうあっという間です!日中汗ばむ日も増えてきましたね!
暑い日が続くと、特に食べたくなるのが甘くて冷たいアイス。しかも最近は期間限定商品なども増えて、どれもおいしそうに見えますよね!家路の途中で、ついついコンビニやスーパーで買ってしまう人も多いのではないでしょうか?そこで今回CODE編集部では、CODEで取得した2016年5月の自然購入者のデータ(全国の20~40代の女性341名)を基に、今女性に人気のアイスランキングを年代別に調査しました!あなたの好きなアイスはあるでしょうか?

今やアイスは群雄割拠の戦国時代!

アイスブランド別購入者数ランキング

今回の調査で挙げられたアイスの種類はなんと100種類以上!このグラフのように、多種多様な商品が幅広く購入されていることがわかります。そのため、人気ランキングも非常に僅差の結果になりました。大混戦の年代別ランキング、さっそく見てみましょう!

20代女性

1位 ハーゲンダッツ、森永 MOW
2位 赤城乳業 ガリガリ君、明治エッセル スーパーカップ
3位 グリコ ジャイアントコーン、森永 ピノ

(購入者数、n=104)

 

ハーゲンダッツやMOWなど、濃厚で高級感のあるアイスが上位に!働く女性の自分へのご褒美といった意味もあるのでしょうか。

また、ガッツリ食べごたえのあるジャイアントコーンがランクインしたのも20代女性の特徴です。

30代女性

1位 森永 サンデーカップ、明治エッセル スーパーカップ
2位 ハーゲンダッツ、森永 チョコモナカジャンボ
3位 赤城乳業 ガリガリ君

(購入者数、n=134)

 

プチプラでも満足感の得られるアイスが上位にランクイン。ですが、ハーゲンダッツの人気の根強さもさすがですよね。ママ友とお茶するときにハーゲンダッツをよく食べるというエピソードも!

 

40代女性

1位 森永 サンデーカップ
2位  明治エッセル スーパーカップ、森永 ピノ
3位  森永チョコモナカジャンボ、グリコ パピコ

(購入者数、n=113)

 

全体的にシンプルで食べやすいアイスが多かったです。また4位には、井村屋のあずきバーも!(笑)落ち着いた味を好んだり、また家族と分けあったりする人が増えるのではないでしょうか。

 

総合ランキング

1位 森永製菓 サンデーカップ
2位 明治 エッセル スーパーカップ
3位 赤城乳業 ガリガリ君
4位 森永乳業 チョコモナカジャンボ
5位 森永乳業 ピノ

(購入者数、n=342)

 

年代別では混戦を見せたアイスランキングでしたが、総合ランキングではサンデーカップ(森永製菓)が首位になりました!森永勢がトップ5に3つランクインする強さを見せています。

あまりなじみがない方もいるかもしれませんが、今回、サンデーカップの購入でLINEギフトコードが当たるキャンペーンを行っていたため、購入者が特に多くなったようです。

実はこのアイス、1988年に発売されたロングセラー商品。昔懐かしい気持ちで購入したという声も数多くありました。

意外なアイスが売れるのには、裏にこんな仕掛けがあったんですね!この機会に買ってみてはいかがでしょうか?(笑)

 

番外編

今回の調査で気になったのは「アイスの味」と「県民性」の関係!果たして本当なのでしょうか?2つご紹介します!

愛知県民はバニラ味好き?

愛知県

バニラ系のアイスの購入者の13%、またバニラアイスの王道、「明治エッセルスーパーカップ 超バニラ」に至っては、購入者の半数が愛知県民でした!
喫茶店文化が根強い愛知県、バニラ味は喫茶店の味なのでしょうか?愛知県民の皆様、情報をお待ちしております!(笑)

 

大阪府民は抹茶味好き?

大阪府同様に抹茶味のアイスの購入者を調べると、なんと4分の1が大阪府民という結果が!
あずき味などを含めた和風系アイスでも、21%を大阪府民が占めていました。

抹茶といえばお隣京都のイメージがありますが、意外ですね!何か関係かあるのでしょうか?こちらも情報をお待ちしております!(笑)

 

以上、いかがでしたでしょうか?

記事を書いていて、わたしもアイスを食べたくなってしまいました!(笑) ぜひ皆さんも、好きなアイスで暑い夏を乗り切りましょう!アイスを買ったら、ぜひCODEも使ってみてくださいね~!

また、2016年夏のランキングをいち早く知りたい方は、こちらからお問い合わせください。


 
<調査概要>
・調査期間:2016年5月
・エリア :全国
・対象者 :アイスを購入した直後の20~40代の女性
・有効回答サンプル数:341サンプル
・調査手法:自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))


記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。