「消費者参加型商品」の満足度は!?「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」の反響調査

記事をシェアする

幸せきのこの山1975年に誕生し、40年以上経った今でも定番のお菓子のひとつとして食べられている人気商品「きのこの山」から、新商品である「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」(以下「幸せきのこの山」)が2017年8月1日に発売されました。「幸せきのこの山」は、通常の「きのこの山」よりも1粒のサイズが大きく、さらに数個に1個の割合でカサのしわが多い「幸せきのこ」が入っているという、箱の中身を楽しみにしながら食べられる消費者参加型のお菓子となっています。

今回はそんな「幸せきのこの山」を購入した消費者の反応を探るべく、CODE(コード)を活用したバーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)を使って、「幸せきのこの山」の自然購入者を対象に反響調査を実施しました。今回もここでしか見られない情報が満載となっていますので、業界関係者の方はぜひ最後まで目を通してみてください。

 

「きのこの山」シリーズは大人にも人気!

Q1. 普段どれくらいの頻度で「きのこの山」を購入しますか? n=33(単一回答)

毎日 0人 0.0%
2,3日に1回 0人 0.0%
1週間に1回 2人 6.1%
2週間に1回 5人 15.2%
3週間に1回 0人 0.0%
1ヵ月に1回 7人 21.2%
2,3ヵ月に1回 9人 27.3%
半年に1回 6人 18.2%
1年に1回 1人 3.0%
初めて買った 3人 9.1%

「きのこの山」シリーズを購入する頻度については、「2,3ヵ月に1回」が約3割と最も多くなりました。最も購入する頻度が高かったのは「1週間に1回」(33人中2人)で、一方「幸せきのこの山」をきっかけに「きのこの山」シリーズを「初めて買った」という方も3人いました。また「きのこの山」は子供に人気のお菓子というイメージがありますが、今回の調査ではお子さんの有無や人数と「きのこの山」シリーズの購入頻度にそれほど関連性は見られませんでした。

 

「幸せきのこの山」に満足できなかったのは0人!

Q2. この商品は、通常商品よりも、値段が高く、チョコレートの個数が少ないですが、満足度を教えてください。 n=33(単一回答)

とても満足した 3人 9.1%
まあまあ満足した 21人 63.6%
なんともいえない 9人 27.3%
あまり満足しなかった 0人 0.0%
まったく満足しなかった 0人 0.0%

「幸せきのこの山」の満足度については、「まあまあ満足した」が6割を超えて最も多くなりました。通常の「きのこの山」に比べて内容量が少なくて値段が高かったにも関わらず「満足しなかった」と回答した方がひとりもいなかったため、「幸せきのこの山」の商品としての完成度は非常に高いといえるでしょう。

なお、普段「きのこの山」シリーズを購入する頻度とこの質問の回答についても、関連性はほとんど見られませんでした。

 

「幸せきのこ」が入っていないこともある!

Q3. 「幸せきのこ」は何個入っていましたか? n=33(単一回答)

0個 3人 9.1%
1個 11人 33.3%
2個 8人 24.2%
3個 6人 18.2%
4個 3人 9.1%
5個 0人 0.0%
6個 1人 3.0%
7個 0人 0.0%
8個 1人 3.0%

「幸せきのこの山」最大のセールスポイントである「幸せきのこ」の数についてですが、ひと箱に入っていた「幸せきのこ」の数は「1個」が3割を超えて最も多くなりました。しかしなかには「0個」だった方も3人いたようで、ひと箱あたりに入っている「幸せきのこ」の数にはかなりばらつきがあるようです。

ちなみに「幸せきのこの山」には稀に「きのこに扮したたけのこの里」も入っているそうなのですが、「幸せきのこ」と「きのこに扮したたけのこの里」のどちらも入っていなかったと回答した方はひとりもいませんでした。

 

「消費者参加型商品」に多くの消費者が魅力を感じている!

最後にアンケート回答者の方たちに、「幸せきのこの山」のような「消費者参加型商品」に対する意見について伺っていますので、その回答の一部をご紹介します。

面白い。
おもしろかった
楽しいと思う!
開けた時のワクワク感があった
面白いので、1つだけ味違いとか、新種とか色々な商品でやって欲しい。
子供と一緒に楽しめる
子供が喜んで、幸せキノコを探していました。面白い商品だと思います。
とてもいいと思います。 商品は割高だけど子供が楽しんでました。
大きくて食べ応えもあるので、価格よりかは、 ノリで購入しました。
通常の商品もいいですが、時にはこのような商品を購入してみるのもいいかもしれません。 かなり割高なので頻繁には食べられませんが…。
束の間、童心に帰れました(*^^*) 昔、全財産(小銭)を握りしめ走った駄菓子屋さんで、お菓子を買うワクワク感をコンビニで味わえました!ありがとうございます。 最近、仕事に忙殺され気味で、ほっこり優しい気持ちを忘れがちでしたが、幸せきのこに小さな幸せ&ほっこりを頂きました。いくつになっても、あの頃の純粋な気持ちを忘れてはいけませんね。( ̄∇ ̄*)ゞ たけのこの里から来たきのこ、巡りあえて幸せ♪(*^▽^*)

 

このように「消費者参加型商品」には多くの方が魅力を感じており、今後もこのような新商品が発売されることに期待をしているようでした。子供向けの「消費者参加型商品」は昔からありましたが、今後は大人向けにこういった商品を売り込んでいくと、もしかしたら新たなヒット商品の誕生に繋がるかもしれませんね。

 

今回のその他の調査内容は以下になります。

Q4. 「タケノコに扮したきのこ」は何個入っていましたか?

上記の質問の回答や各回答の詳しい内訳などが見たい方は、ぜひ下記より詳細なデータをダウンロードしてみてください。


下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:2017年8月26日(土)~9月13日(水)
・エリア :全国
・対象者 :20~60代の男女
・有効回答サンプル数:33サンプル
・調査手法:バーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。