乾パンは今でも非常食の定番!?「非常食」に関する実態調査

記事をシェアする

防災グッズ、非常食ここ数年間に大規模な地震が日本各地で多発していることもあり、日本人の防災への意識が高まっています。防災のために事前にできることはたくさんありますが、今回「消費者インサイト研究所」では、避難生活に必要不可欠な「非常食」にスポットを当てました。今の消費者たちは「非常食」に対してどのような意識を持ち、どのような食品を「非常食」として備蓄しているのでしょうか?

そこで今回はCODE(コード)を活用したバーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)を使って、非常食を備蓄しているユーザーの方たちを対象に「非常食に関する実態調査」を実施しました。今回もここでしか見られない情報が満載となっていますので、業界関係者の方はぜひ最後まで目を通してみてください。

 

乾パンは今でも非常食の定番!?

「バーコードリサーチ」には、CODEユーザーの方たちに特定の写真を撮影してもらい、その画像を集めて消費者の持ち物を視覚情報で確認できる機能があります。今回はその機能を活かして、アンケート回答者の方たち全員に「防災セットの中に入っている非常食」の写真を撮影して送ってもらいました。

昔から「非常食といえば乾パン」というイメージがありますが、2017年を迎えた今、一般の方たちはどのような食品を非常食として備蓄しているのでしょうか?アンケート回答者の方たちから戴いた画像を大きく「乾パンが写っている画像」「乾パンが写っていない画像」に分けて集計してみたところ、結果は以下のようになりました。

 

乾パンを備蓄していた人:36人

※「ビスケット」も乾パンとしてカウントしています

 

乾パン以外の食品を備蓄していた人:66人

 

アンケート回答者の方たちから戴いた画像を確認したところ、全回答者102人中、画像に乾パン(ビスケットを含む)が写っていたのは36人でした。つまり約3人に1人が乾パンを非常食(のひとつ)として備蓄していて、残りの3分の2の方たちは乾パン以外の食べ物を備蓄していることになります。

乾パン以外の非常食としては、「カップ麺」「レトルトごはん」「レトルトカレー」「缶詰」「シリアル」「カロリーメイト」などがあり、2種類以上の食べ物を用意している方がほとんどでした。また世帯人数と非常食の種類や量に関連性はほとんどみられず、一人暮らしで大量に備蓄している人もいれば、大家族で少ししか備蓄していない人もいました。

 

非常食購入の決め手は賞味期限(保存性)!

Q2. 非常食に最も重要な点は何だと思いますか?(最も何を基準に非常食を選びますか?) n=102(単一回答)

賞味期限 の長さ 65人 63.7%
腹持ちの良さ 13人 12.7%
味の良さ 12人 11.8%
栄養バランスの良さ 7人 6.9%
安さ 3人 2.9%
量の多さ 2人 2.0%

非常食に最も重要だと思う点については、「賞味期限の長さ」が6割を超えて最も多くなりました。「賞味期限の長さ」を選んだ理由は人によってそれぞれだと思いますが、考えられるものとしては「期限が切れる度に取り換えるのが面倒」「長ければ長いほど期限を気にせずに保管できる」「いざ災害が発生して食べようとしたときに期限が切れていたら困るから」などが挙げられるかと思います。もちろんそれ以外の「腹持ちの良さ」「味の良さ」なども非常食としての大事な条件ではありますが、賞味期限(保存性)は非常食選びにおける最も重要な要素であるといえるでしょう。

ちなみに先ほどの画像のなかに「帝国ホテルの缶詰」が写っているものがありましたが、その画像を送ってくれた方はこの質問で「味の良さ」を選んでいました。

 

約9割の人が1年以内に非常食を購入している!

Q3. 最後に非常食を購入したのはいつですか? n=102(単一回答)

今月 16人 15.7%
半年以内 51人 50.0%
1年以内 24人 23.5%
2年以内 4人 3.9%
3年以内 2人 2.0%
4年以内 1人 1.0%
5年以内 4人 3.9%

最後に非常食を購入した時期については、「半年以内」が半数を占めて最も多くなりました。約9割の方が1年以内に非常食を購入しており、最後に非常食を購入したのが1年以上前だった方は僅かしかいませんでした。

ちなみに最近ではどのような食品が非常食として人気なのかを調べるために「今月」を選んだ16人の方たちが送ってくれた画像を改めて確認してみましたが、「レトルトごはん」「レトルトカレー」「カップ麺」といった災害時以外でも食べられている食品が多く見られた一方で、非常食の定番ともいえる三立製菓の「カンパン」を購入していた方も3人いました。非常食の選択肢は増えているものの、乾パンは今でも定番商品として一定数の消費者に選ばれているようです。

 

非常食には改善の余地がたくさんある!?

今回は自宅に非常食(防災グッズ)を備蓄している方を対象にアンケートを実施させていただきましたが、ではアンケート回答者の方たちは今備蓄している非常食に満足をしているのでしょうか?最後に「備蓄している非常食に対する不安」について自由回答形式で質問をしましたので、その回答の一部を内容別にご紹介します。

○量に関する不安

量が足りない
いざ、災害が起きた時に、足りるか。
景品でもらったやつなので足りません
どれだけの量を用意しとけばいいのかわからない
とても足りないと思うけど、たくさん用意も出来ない
荷物が重くなる為、非常食の量が少ないので、足りないのが不安です。
家族分一週間分となると、保管や期限等大変だなと思っています。
3日分の備蓄には、全然量が足りておらず、ご飯の代わりになるか不安です。
たくさん買いすぎても、少な過ぎても、よろしくない気がする。適量が分からない
5人家族なので量的に足りるか心配。また家にいないときに被災した場合の食糧などは準備していないので心配。
非常時には絶対に足りないと思うが、非常時に持ち出すことを考えたら荷物が増えすぎるのも困るので、そのあたりのジレンマがあります。

 

○味に関する不安

味があまり美味しくない
美味しいのかどうか 子供が満足してくれるかどうか
食べたことがないのでどんな味なのか気になるのと腹持ちのよさがどの程度か
味は美味しいかどうか。非常時とはいえ、美味しくなかったら食べたくない。
非常時で不安なときに家族が食べれる味、固さかどうかが不安です(乾パンの固さと氷砂糖の甘さ)。
子どもが食べれる味付けなのかどうか。一度は食べてみて、確かめないといけないなとは思っています。
缶詰中心で用意しており、現在は種類が少なく、子どもに食べさせるには味が濃いきがします。 離乳食完了の子ども用の備蓄食を見直さなければいけないと考えています。

 

○賞味期限に関する不安

賞味期限が短い
賞味期限がバラバラなので、把握するのが面倒
気づくと賞味期限が切れている。この数で足りるかどうか。
非常食専用の物では無いので賞味期限に気を付けなければならない。
賞味期限をあまり気にしていないのでいざと言うとき使えるか 不安である
賞味期限が切れたらまた買い足さないといけない。実際足りるかどうか。
もうすぐ賞味期限が切れてしまうので、また購入する必要があり、出費がかさむ。
持ち出し袋に入れた商品によっては賞味期限を確認する事を忘れてしまうから 見てすぐわかるような商品があると便利。
普段使いのレトルトなど長期保存可能な食品も、賞味、消費期限記載をさらに目立つよう工夫して欲しい。印字が小さいと管理の上で非常時までに期限がきれても気が付かないことがよくある。

 

○実用性に関する不安

水分が無いと食べれなそう
水分も必要になるのであまり水分を必要としない物にしたい
パンの非常食も用意してあるが賞味期限が近づいたものの料理へのアレンジがわからないためアレンジしやすいシーチキンや焼鳥などばかり購入してしまう

 

○持ち運びに関する不安

水の重さ。持って出られるか?
幅がある。 いざというときにすぐ持って出れるように 小さくしてほしい。
家用なので、家から避難しないといけない状況になったときは、持ち運びが難しい。

 

○値段に関する不安

非常食となるだけで値段が高いこと
価格が高い。その為何個も買えない。

 

○種類に関する不安

固形物ばかりなのでもう少しバラエティを増やしたい

 

○その他

量が少ないし、実際何を買っていいかよく分からない。子どもが小さいので食べられるものも変わってくる。 保存場所や保存方法も正直よく分からない。
食は命の源。非常事態こそ美味しいものを食べないと元気が出ないし、犬の餌みたいなものを食べたくない!と思い、コップ代わりにもなる缶詰シチュー等を備蓄しています。が、やはり普通の缶詰。期限が2年後なので、長期備蓄が難しく、1年周期でちょこちょこ入れ替えをしなくてはなりません。定期的に非常袋checkをしているので問題は無いのですが、少々高価なので、もう少し安価に美味しい非常食が手に入ればいいなあと思います。

 

このようにほとんどの方が非常食に対して何かしらの不安を抱いており、「特に不安はない」と回答した方は全体の1割もいませんでした

消費者が商品に満足をしていないということは、まだまだ改善の余地があるということでもあります。非常食を製造しているメーカーの方たちが本記事を見ていましたら、ぜひ今回紹介した情報を参考にしつつ、さらなる非常食のクオリティアップに挑戦してみてください。

 

今回のその他の調査内容は以下になります。

Q4. 一緒に住んでいる人は誰ですか?あてはまる人すべてを選択してください。 ※子供・兄弟は人数に応じて1つのみ選択してください。

上記の質問の回答や各回答の詳しい内訳、すべての画像やコメントなどが見たい方は、ぜひ下記よりダウンロードしてみてください。


下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:2017年8月28日(月)~8月29日(火)
・エリア :全国
・対象者 :20~60代の男女
・有効回答サンプル数:102サンプル
・調査手法:バーコードリサーチ(確実な購買データに基づく最速アンケート)

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。