好みのタイプはコレ?!日本の女性は普段●種類のヨーグルトを食べている!

記事をシェアする

 

ヨーグルトは美味しいだけでなく健康にも良いとされ、多くの人が毎日の食事でヨーグルトを食べています。プレーンヨーグルト、ドリンクヨーグルト、フローズンヨーグルトなど、ヨーグルトにも複数のタイプがあり、それぞれがスーパーやコンビニエンスストアで販売されていますが、日本の女性はどの種類のヨーグルトを普段食べているのでしょうか。CODEではヨーグルトを購入した直後の女性136人に対して普段食べているヨーグルトに関する調査を行いました!まずは、女性の皆さんが普段、何種類のヨーグルトを食べているのか見てみましょう。

 

女性は普段、何種類のヨーグルトを食べているの?

 

人気ヨーグルト

20代(n=27) 30代(n=66) 40代(n=36) 全体(n=136)

 

全体では普段1種類のヨーグルトを食べている女性が50%と、半数を占めました。同じタイプのヨーグルトを食べ続けているということですね!反対に、2種類食べる人、3種類以上食べる人も25%、つまり2種類以上食べている人も半数いるということですね。また、年代別に見ても同じような結果となりました。20代、30代では1種類食べる女性が半数を超えた一方で、40代においては2種類以上食べる女性が半数を超えています。
では1種類と回答した女性が、普段どのタイプのヨーグルトを食べているのか見てみましょう!

どの種類のヨーグルトを食べているの?(1種類の場合)

 

1種類食べる人が購入するヨーグルトランキング n=68
1位 プレーン 65%
2位 果汁入り 22%
3位 味付き 7%
4位 ドリンク 6%
5位 ソース 0%
5位 フローズン 0%

 

プレーンヨーグルトを普段食べる人が65%と2位以下に2倍以上の差をつけて1位でした!2位には果汁入りのヨーグルトが22%でランクイン、味付き、ドリンクタイプのヨーグルトが3位、4位と続きました。一方でソース、フローズンヨーグルトは0%でした。1種類のタイプを食べる人はソース、フローズンタイプのヨーグルトを食べていないようです。

では、2種類以上と回答した女性が普段どのタイプのヨーグルトを食べているのか見てみましょう!

どの種類のヨーグルトを食べているの?(2種類以上)

 

2種類以上食べる人が購入するヨーグルトランキング n=68
1位 プレーン、果汁入り 18%
2位 プレーン、ドリンク 10%
3位 プレーン、果汁入り、味付き 9%
3位 プレーン、果汁入り、ドリンク 9%
5位 プレーン、果汁入り、味付き、ドリンク 7%
5位 プレーン、フローズン 7%

 

1位はプレーン、果汁入りの2種類の組み合わせで、18%でした。2位にはプレーン、ドリンクの2種類が10%、3位にはプレーン、果汁入り、味付きの3種類、プレーン、果汁入り、ドリンクの3種類が同率9%でランクインしました。続いてプレーン、果汁入り、味付き、ドリンクの4種類と、プレーン、フローズンの2種類が同率で7%で5位に入りました。この表の全てにプレーンヨーグルトが入っていますね!1種類と同様、2種類以上の場合でもプレーンヨーグルトが人気のようです。

メーカー別ランキング

 

メーカー別ランキング n=136 
1位 明治 29%
2位 ダノン 13%
3位 森永 10%
4位 雪印 7%
5位 オハヨー 5%

 

メーカー別では明治が2位以下から2倍以上の差をつけ、29%で1位となりました。明治製品では、ブルガリアヨーグルト、プロビオヨーグルトが人気でした。

いつも同じ物を買っているので、他の商品には見向きもしなかった。(明治 ブルガリアヨーグルト LB81 31歳女性 )
乳酸菌がリスクと戦ってくれそうだから。(明治 プロビオYG LG21低糖低カロリー 38歳女性)

2位にはダノン製品が13%でランクインしました。ダノン製品ではBIOが人気の様子!

ビオのポイントを貯めているから。おいしいから。(ダノン ビオ脂肪0プレーン 加糖 30歳女性)

3位には10%で森永製品、4位には7%で雪印製品、5位には5%でオハヨー製品が続きました。

 

いかがでしたか?現代の女性達が普段、どの種類のヨーグルトを食べているのかこの調査によって明らかになりましたね。ヨーグルトの種類、効用が多様化するなか、自分好みのヨーグルトを食べ、健康な体で生活できればと思います。


<調査概要>
・エリア :全国
・対象者 :ヨーグルトを購入した直後の女性21~68歳
・調査期間:2016年7月1日~7月30日
・有効回答サンプル数:136サンプル
・調査手法:自然購入者への最速アンケート(CODE(コード)

 

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。