「ロールオンタイプ」はなぜ売れている?制汗剤の購入に関する実態調査

記事をシェアする

制汗剤には「スプレータイプ」をはじめとして「スティックタイプ」「シートタイプ」「ウォータータイプ」などさまざまな種類のものが売られていますが、今回「消費者インサイト研究所」では、ここ数年で徐々にシェアを拡大している「ロールオンタイプ」の制汗剤に注目してみました。制汗剤のなかでは比較的マイナーな種類だったロールオンタイプの制汗剤が、なぜここに来て人気を集めているのでしょうか?その人気の秘密を探るために、今回は自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))を使って「ロールオンタイプ」の制汗剤の購入者を対象に、制汗剤に関するアンケート調査を実施しました。

今回もここでしか見られない情報が満載となっていますので、業界関係者の方はぜひ最後まで目を通してみてください。

 

「ニオイ対策」への関心度は男女によって違う!?

Q1. なぜこの商品を選んだのですか? n=95(単一回答)

最も汗を抑えてくれそうだから 27人
値段が安かったから 18人
このメーカーの他の商品をよく購入するから 17人
最も臭いを抑えてくれそうだから 15人
ボトルの形が好きだから 6人
これしか売ってなかったから 5人
CM・広告が好きだから 4人
パッケージデザインが好きだから 3人

商品を選んだ理由については、「最も汗を抑えてくれそうだから」が95人中27人と最も多くなりました。2位は男女で違う回答がランクインしており、女性の2位は「最も臭いを抑えてくれそうだから」(12人)、男性の2位は「値段が安かったから」「このメーカーの他の商品をよく購入するから」(7人ずつ)となっています。

女性は「汗対策」と「ニオイ対策」の両方を気にしているのに対し、男性は自分のニオイをそれほど気にしていないといえるかもしれません。

 

メーカー別人気ランキング

今回の調査では、人気メーカーの中でも一体どのメーカーのものが多く買われているのか、またその理由を探るために、サイズ・匂いの条件をだいたい統一した商品を指定して、その自然購入者にその商品を買った理由を尋ねました。

男性 n=38

ギャッツビー スポットデオドラント ロールオン 無香料 15人
8×4 フォーメン ロールオンタイプ 無香料   60ml 9人
デ・オウ ロールオン 7人
Ban 男性用 ロールオン シトラス 30ml 5人
Ag デオドラントロールオン 無香料 40ml 2人

女性 n=57

Ban 汗ブロックロールオン 無香料 40ml 47人
Ag デオドラントロールオン 無香料 40ml 9人
8×4 ロールオンタイプ 無香料 45ml 1人

女性ではBanが人気、男性ではギャッツビーがもっとも人気という結果になりました。女性がBanを購入した理由として、「最も汗を抑えてくれそうだから」が18人で最も多い理由でした。それぞれ、「このメーカーの他の商品をよく購入するから」という理由で商品を購入している方も多く、リピーターの数が勝因の一つと言えるようです。また、男性にはBanはそれほど人気ではないようですが、男性・女性ともに「値段が安かったから」、「パッケージデザインが好きだから」という理由でBanを購入している方も一定数いました。Banのパッケージデザインは上品でおしゃれなイメージであるため、特に女性には受けが良かったのかもしれません。そして、制汗剤の役割ともいえる理由、「最も汗を抑えてくれそうだから」と「最も臭いを抑えてくれそうだから」という理由で最も多く購入されていたのは、女性がBan(26人)、男性が8×4(8人)でした。女性と男性では期待値の高い商品が違うようです。

 

ロールオンタイプ人気の理由は「一番効果があるから」!?

Q2. 普段最もよく使用する制汗剤は以下のうちどれですか? n=95(単一回答)

ロールオンタイプ 59人
スプレータイプ 15人
シートタイプ 12人
スティックタイプ 6人
ウォータータイプ 2人
クリームタイプ 1人
パウダータイプ 0人
ジェルタイプ 0人

普段最もよく使用する制汗剤の種類については「ロールオンタイプ」が95人中59人と最も多くなりました。今回はロールオンタイプの制汗剤の購入者を対象に調査を実施しているので圧倒的多数で1位になるのは当然なのですが、それでもロールオンタイプ以外の制汗剤をメインに使用している人は36人います。

では、消費者の方たちはどういった点を重視して使用する制汗剤の種類を選んでいるのでしょうか?アンケート回答者の方たちに、そのタイプの制汗剤を愛用している理由について訊いてみました!

 

1番効く気がする。(ロールオンタイプ)
使いやすいから(ロールオンタイプ)
手軽でサイズが小さいから(ロールオンタイプ)
キャップを開けるだけで、手軽だから(ロールオンタイプ)
手がベタベタしない。(ロールオンタイプ)
比較的低価格なので(ロールオンタイプ)
商品に記載されている内容から(ロールオンタイプ)
忙しいときに、ささっと塗れる。持ち歩きにかさばらない。(ロールオンタイプ)
制汗効果が1番ありそうだから(ロールオンタイプ)
密着して効果を最大に発揮してくれそうだから(ロールオンタイプ)
拭いてすっきりする感じが好きなので(ロールオンタイプ)
てが汚れないし、他に液体が飛ばないから(ロールオンタイプ)
一番汗をかきそうな場所に使いやすいタイプだったから(ロールオンタイプ)
スプレーは夏以外は寒いので。 ロールオンなら年中使えるから。(ロールオンタイプ)
直に効きそう。スプレーだと、服に着きそう。(ロールオンタイプ)
ポーチに入れて持ち運びしやすいから、基本はロールオン(ロールオンタイプ)
色んな種類の制汗剤を使用しましたが一番持続して効果がありました(ロールオンタイプ)
このタイプが一番汗と臭いを抑えてくれ、持続時間も長いような気がするし、持ち運びにも丁度よいサイズだから。(ロールオンタイプ)

 

楽だから(スプレータイプ)
安いから。(スプレータイプ)
爽やかだから(スプレータイプ)
みんなが使ってるから(スプレータイプ)
使いやすく持ち運びできてパッケージが可愛いい(スプレータイプ)
手軽に使えて、ひんやりした感覚が効果あるそうな感じがするから。(スプレータイプ)
今まではロールオンタイプの種類が少なくスプレータイプが一般的で昔からスプレータイプを使用しているので何となく(スプレータイプ)
スプレータイプしか知らなかったから(スプレータイプ)

 

使いやすいから(シートタイプ)
一番汗が拭き取れていてサッパリする気がするから(シートタイプ)
外にいてもササっと拭けるから。(シートタイプ)
拭いてすっきりする感じが好きなので(シートタイプ)
持ち運びしやすいのと 昔からそのタイプをよく使うので(シートタイプ)
もっとも汗を抑えてくれると思ったから(シートタイプ)
汗だくの際はちゃんと拭いて清潔にしたら、嫌なにおいも押さえられる為、拭いてます。(シートタイプ)

 

塗りやすさと効果(スティックタイプ)
乾かす手間もはぶけるから(スティックタイプ)
しっかり汗を抑えてくれそうだから(スティックタイプ)
いちばん、においを抑えてくれそうだから(スティックタイプ)

 

塗りやすいから(ウォータータイプ)
速乾性があり、サラッとしているから…(ウォータータイプ)

 

密着しそうだから。塗ってる感があると思うから。(クリームタイプ)

このように理由はさまざまでしたが、Q2で「ロールオンタイプ」と回答した方たちからは「一番効果がある(気がする)から」という旨のコメントが多く挙がっていました。また制汗剤の種類に関わらず「使いやすいから」という旨のコメントが頻繁にみられたため、どの制汗剤を使いやすいと感じるかは人によって個人差があるようです。

 

制汗剤は「朝出かける前」に最も使われている!

Q4. そのタイプの制汗剤をどのようなタイミングで最も使いますか? n=95(単一回答)

朝出かける前に家で 65人
外出中汗をかいた後 14人
気が付いたら常に 7人
運動をした後に 4人
暑いとき 3人
外出中汗をかく前に 2人

制汗剤を最も使うタイミングについては「朝出かける前に家で」が95人中65人と最も多くなりました。しかしQ2で「シートタイプ」「ウォータータイプ」と回答した人のなかに、出かける前に制汗剤を使用している人はほとんどいないようで、シートタイプ利用者12人中8人、そしてウォータータイプ利用者2人は、いずれもこの質問で「外出中汗をかいた後」と回答しています。

またこの質問で「暑いとき」と回答した3人は、いずれもQ2で「ロールオンタイプ」と回答していました。ロールオンタイプの制汗剤を使用したときに感じる「ヒンヤリ感」は、暑さを和らげるのにも一役買っているようです。

 

今回のその他の調査内容は以下になります。

Q5.実際にロールオンタイプの制汗剤を使ってみて不満な点(改善点)を教えてください!(15文字以上でお答えください。)

上記の質問の回答や各回答の詳しい内訳などが見たい方は、ぜひ下記よりダウンロードしてみてください。


下記ご記入いただくと、この調査の全データをすぐにダウンロードできます

お名前※必須

会社名/組織名※必須

メールアドレス※必須

電話番号※必須

当社を知ったきっかけ※必須

<調査概要>
・調査期間:5月25日(木)~6月26日(月)
・エリア :全国
・対象者 :CODEユーザーの20~60代の男女
・有効回答サンプル数:95サンプル
・調査手法:自然購入者への最速アンケート(CODE(コード))

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア


また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。